ご挨拶:近々Webを大幅に変更をいたします。少々お待ち下さい

PI research LABO LLCは、多様な設計分野に対してmodelingと高精度Simulation技術で、多様なSolutionの提供が出来る極めて稀なコンサルティング会社です。特に RF/Analog等の設計(ADC/DAC&これらを使用の回路が得意) またSimulation (特にSpice)高速化技術、CMOS RF/Analogの回路設計の Simulation精度向上や検証技術やその他、半導体デバイス/回路モデリング、 車載機器や各種センサーのモデリング、EMI/EMCの設計段階での検証技術等 Verilog-Aを用いた各種回路、デバイスモデリング等、幅広い分野を対象に、新しい技術とSolutionを提供させていただいています。

1. 事業内容:現在は以下の業務をさせていただいております。

  1. Fraunhofer IIS/EAS SystemC AMS IDE "COSIDE" (日本国内販売代理店)
  2. Dolphin Integration社SMASHの販売&技術サポート(日本国内販売代理店)
  3. Infiniscale社製品 (日本国内販売代理店)
  4. Lynguent社 販売&技術サポート(Lynguent社CLOSE為終了しました。)
  5. Verilog-AMS/Spice Simulation/高速伝送SI・PI講座
  6. Modeling (Verilog-AMS/VHDL-AMS)
  7. Design Consulting (Mixed-signal/RF )
  8. PI/SI/EMI/EMC  

seminar

modeling

tel

HDLAB様での講座風景:

※本講座、各ユーザ様での開催も可能です。

 

 

 

 

 

 

Modeling風景:

写真はBsim3

 

 

 

 

 

 

Design Consulting:

DPD:Ditgital Pre-Distortion向け高速ADCの評価風景 ※14bit/250MSPS

 

tlm

 

 

 

 

 

高速伝送/PI/SI/EMI/EMC:

写真は10G(opt)の測定画面です

※光、カッパー問わず

 

 

 

 

 

2. 製品情報:

現在以下のソフトの開発をしております。音声系のDACの開発をされてる方に朗報です。

音楽ファイルのWAV FileからSDATA/LRCK/BICKの生成をしますので、実際の音楽でお持ちのSimulatorで

評価が可能になります。

  1. 現在は、WAV to PCM(serial data )ですが、将来的に(9月末完成)ではPCM to WAVも対応予定です。ご興味有る方、製品購入の申し込みは、
    sales@pi-rlabo.com までご連絡ください。


現在のβ版の仕様です。

対応file format :WAV ( PCM )

分解能     :16bit/24bit/32bit/64bit

対応sampling  :44.1k/48k/88.2k/96k/176.4k/192k

 

  1. HspiceのSimulation結果を2D/3D表示するWaveform Viewer(開発完了)

通常の波形ビューワでは、信号に対するtime-voltageのグラフしか見れずメモリーやTFT等のMatrix構造で、なおかつ数多くの信号を見なくてはいけない回路では、波形ビューワを見るのが大変でしたが、本波形ビューワではXY表示のMatrixで表示しZ軸に電圧/電流/電力の表示が出来ます。さらに時間軸は、動画を見るかの様にアニメーション/スライドバーによる可変ですので時間軸方向の波形変化も一目瞭然に観測出来ます。

  • 機能
    • Hspice GSI format (*.tr0) Binary ,Ascii対応)
    • 2D (XY) ー 電圧/電流/電力値表示+時間軸スライドバー
    • 2D (XY) ー Contour(等高線)表示+時間軸スライドバー
    • 3D-Contour(等高線)+時間軸スライドバー

 

対応Application:

    1. メモリ等のWord線、Bit線電位解析およびリメモリーリーク解析等
    2. 回路の電源線/GND線のIRドロップ解析
    3. TFT/OTFTの画素電位解析
    4. CMOS/CCDイメージセンサーpixel+回路解析
    5. BGA等のパッケージのVCC/GNDで電位解析(最適基板配線等)
    6. その他各種

    XY表示は、別途座標定義ファイルで定義しますので、任意の端子をXY座標に指定出来ます。これにより、PCB等のプリント基板上の部品の端子配置情報を入れて電源配線のIRドロップやGND線の解析も可能です。ユーザ定義でいろいろと解析が拡張が可能です。

 


最新情報&更新情報

2015.07.15 サーバー変更完了いたしました。

2014.01.22 Fraunhofer IIS/EAS COSIDEの販売を開始いたしました。

2013.10.17 更新:製品情報Update:HSW3D

          Fraunhofer IIS/EAS SystemC AMS IDE "COSIDE"日本国内代理店

2012.6.30 サーバー移転により不具合多発しています。

2011.9.23 Dolphin Integration社製品、日本国内にいける販売代理店契約完了いたしました。

2011.9.16 Dolphin Integration社製品、販売代理店について

2011.9.7 Dolphin Integration製品、代理店変更のお知らせ、

2011.9.6 Spiceの派生Simulatorと歴史の追加

2011.9.4 講座:『Jitterについて』追加

2011.8.22 Blog Update &新製品の開発

2011.8.19Q&Aを更新しました

2011.8.12 ホームページをリニューアルしました。

2009.10.10 HP作成

        

*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ